性病検査のセルシーフィット(公式サイト)/カンジダ、クラミジア、梅毒など最大12種類の性病・症状が検査可能
RSS ショッピングカート
   トップ » 性病の症状・一覧
カテゴリー
女性用セット
12種の性病検査
10種の性病検査
9種の性病検査
8種の性病検査
6種の性病検査
女性用検査をすべて見る
男性用セット
8種の性病検査
6種の性病検査
4種の性病検査
男性用検査をすべて見る
単品検査
HIV検査
子宮がんセット
HPV検査
子宮頸がん検査
のど2種の性病検査
がん検査
乳がん検査
女性のがん検査
オススメがん検査
大腸がん検査
肺がん検査
胃がん検査
インフォメーション
インフォメーション

2014年8月 の営業日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

商品の出荷予定表です。
の場合は、発送休業日の為、
出荷がありません。

性病の症状・一覧

症状から性病を探す

気になる症状からどんな性病に感染しているかをチェックしましょう。 各性病の特徴や症状、病気に合った検査キットを分かりやすくご説明します。

下記のバナーをクリックして、気になる症状から、どんな性病に感染しているかをチェック出来ます。

男性の症状から性病を探す
▲男性の方はコチラをクリック
女性の症状から性病を探す
▲女性の方はコチラをクリック




性病の原因/症状/検査方法/治療方法 一覧

クラミジア 淋病 クラミジア(のど) 淋病(のど)
トリコモナス カンジダ 梅毒 HIV
B型肝炎 C型肝炎 HPV 子宮頸がん
上記の一覧より調べたい性病名をクリックすると、その病気の原因、症状、検査方法、治療方法等をの詳しい説明をご覧になれます。



クラミジア

▼どんな病気?

クラミジアは細菌とウィルスの中間に分類されている微生物です。
生きた細胞の中でしか増殖することが出来ず、結膜炎等を起こす原因である病原体ですが、性行為によって生殖器障害を起こす病気が蔓延するため、性病として扱われています。
クラミジアは主に泌尿生殖器に感染し、その感染数はすべての性病の中で最も多いと言われています。
また、オーラルセックスの増加により咽頭(のど)に同時感染する症例が多いのも特徴です。
男女共に感染しても無症状の場合が多く、感染を早期発見することが蔓延を食い止める最善の方法です。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
主として血液・精液・膣分泌液によって感染します。(日常生活では主に性行為など)
性行為におけるコンドームの正しい使用は、クラミジアや他の性病予防にとって有効な手段です。
感染者との無防備なセックスは感染の可能性があります。
● コンドームを使わない性交 ● オーラルセックス ● 性器具の共用
〔母子感染〕
子宮頸管にクラミジアが感染していると、分娩時にその部分を通ってくる胎児に感染します。
その結果、出生後、胎児が結膜炎や肺炎を起こします。
妊娠中にクラミジア感染が分かった場合には、適切な薬剤にて治療を行い、母子感染を防ぐ事が出来ます。

var

▼感染後の症状は?

感染後はほとんどの場合、男女に関係なく無症状で進行します。
男性に比べて女性の方が不妊症など、深刻な身体的影響を受けやすいのが特徴です。

【女性の場合】
精液中に含まれるクラミジアが、子宮頸管に感染することから始まります。
一般的には感染機会後約2週間で発症しますが、約70%が無症状です。
症状が出てもわずかにおりものがあったり、不正出血や下腹部痛が出る程度です。
なた、子宮・膣のみでなく尿道にも感染が広がり、膀胱炎症状が出ることも時々あります。
【男性の場合】
尿道に軽い炎症を起こし、排尿時に尿がわずかにしみたり、濃い分泌液が少し出る程度のことが多いのです。
しかも感染者の半分は、そのような症状さえもほとんど自覚しないほど、軽い症状にとどまっています。

var

▼クラミジア検査するには?

性病検査キット STD-012(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-2+2(女性用) ⇒クラミジア、と喉クラミジア、喉淋病を同時に検査できます。
性病検査キット STD-8+2(男性用) ⇒10種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-2+2(男性用) ⇒クラミジア、淋病と喉クラミジア、喉淋病を同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒SDA法
クラミジア検査には「DNAプローブ法」「PCR法」「ハイブリッドキャプチャー法」などの検査があります。
一般的に高感度として知られている「PCR法」は、感度が良すぎるために、病気に至らないような少ない量や、治療後の死んでしまったクラミジアにも反応してしまいます。
当社では、「SDA法」により、より正確な判定を行っております。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ(女性) ◆検体の採取方法・採取物はコチラ(男性)

var

▼治療方法は?

クラミジア感染症治療には通常1〜2週間抗生剤を服用します。
市販薬はないので、医療機関を受診し医師の診断を受け適切な治療薬を処方してもらいましょう。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

このページのTOPへ

淋病

▼どんな病気?

淋病は淋菌という細菌に感染して引き起こされる性病です。
淋病は治療をしなければ、増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなり、膿が出る場合があります。
女性は自覚症状がない場合が多く、知らずに放置して重症になることもあるので注意が必要です。
淋病は、クラミジア感染症と並んで、1回の性行為で感染する確立の高い性病です。
また、オーラルセックスの増加により淋病が咽頭(のど)に同時感染する症例が多いのも特徴です。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
主として粘膜で感染します。日常生活では性行為以外では感染する確率は低いでしょう。
オーラルセックスなどにより性器から咽頭(のど)に、咽頭(のど)から性器に感染を繰り返します。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔母子感染〕
産道である子宮頸管の淋菌感染が胎児に感染すると、新生児結膜炎が発症します。

var

▼感染後の症状は?

【女性の場合】
おりもの異常が主な症状で、粘液性または膿性の分泌液が見られます。
しかし殆どの場合、自覚症状がないため無治療でそのまま放置されることが多くあります。
放置していると子宮頸管炎が子宮内、さらには卵管内、腹腔内にまで炎症が波及することがあります。
この場合、約50%以上に発熱、下腹部痛、卵管や卵巣の圧痛が認められるようになります。
この様な卵管炎などは卵管狭窄や卵管閉鎖を引き起こすこともあります。
さらにこの様な炎症によって卵管が周囲臓器と癒着すると、不妊症や子宮外妊娠の原因になります。
【男性の場合】
感染後2日ないし9日の潜伏期間を経て、尿道炎、尿道のかゆみや熱感、排尿時の痛みなどの症状があります。
また、ペニスから膿が出ます。膿の性状は黄色くてドロドロしていることが多くあります。
潜伏期間が2週間以上ある場合もあるので注意が必要です。
放置すれば、前立腺炎、副睾丸炎を起こし、稀に慢性化し、関節炎、皮疹、心内膜炎などになる場合があります。

var

▼淋病検査するには?

性病検査キット STD-012(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-2+2(女性用) ⇒淋病、クラミジアと喉淋病、喉クラミジアを同時に検査できます。
性病検査キット STD-8+2(男性用) ⇒10種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-2+2(男性用) ⇒淋病、クラミジアと喉淋病、喉クラミジアを同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒SDA法
淋病検査には「培養法」「PCR法」「DNAプローブ法」などの検査があります。
培養法では生きた淋菌を検出する為、乾燥や温度変化に弱い淋菌は郵送には不向きです。
一般的に高感度として知られている「PCR法」は、感度が良すぎるために、病気に至らないような少ない量や、治療後の死んでしまった淋菌にも反応してしまいます。
当社では、「SDA法」により、より正確な判定を行っております。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ(女性) ◆検体の採取方法・採取物はコチラ(男性)

var

▼治療方法は?

淋病感染症治療には、1日2,3回の薬の服用を7日間程度連続投与する場合が多く、完治していない時に服用を中断したり服用を忘れることで、生き残った淋病が薬剤耐性を持つ可能性も高いので、十分注意する必要があります。 ※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

このページのTOPへ

クラミジア(のど)・淋病(のど)

▼どんな病気?

咽頭(のど)にクラミジア、淋病が感染する病気です。
非常高い確率で性器と咽頭のクラミジア、淋病の同時感染が見られます。
一度感染すると、完治するまでに長い期間を要するので注意が必要です。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
オーラルセックスにより感染します。
オーラルセックスが性病の原因になることを知らない人も多く、またイソジンなどでうがいをすれば殺菌されてうつらないだろうと安易に考えられているので、咽頭クラミジア感染者や咽頭淋病感染者が増加しているのが現実です。
性器から咽頭、あるいは咽頭から性器へと感染が広まります。

var

▼症状は?

多くの場合、ほとんど症状がありません。
稀に扁桃腺炎や咽頭炎などを発症し、のどや扁桃腺の腫れと痛み、発熱、咽頭痛などの症状が出ます。
多くは慢性的に感染が続き、まったく無症状で潜伏感染するので注意が必要です

var

▼咽頭クラミジア・咽頭淋病検査するには?

性病検査キット STD-012(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-2+2(女性用) ⇒淋病、クラミジアと喉淋病、喉クラミジアを同時に検査できます。
性病検査キット STD-8+2(男性用) ⇒10種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-2+2(男性用) ⇒淋病、クラミジアと喉淋病、喉クラミジアを同時に検査できます。
性病検査キット のど2種(男女用) ⇒喉淋病、喉クラミジアを検査できます。

【当社の検査法】⇒SDA法
口腔内には、淋病と同属の細菌が存在している場合があり、従来の方法では判別が困難でした。
しかし、SDA法という方法で再検査することにより正確な判定が可能になりました。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼治療方法は?

普通、抗生剤を1〜2週間投与します。市販の薬はないので、パートナーと一緒に医療機関での治療が必要です。
性器のクラミジアや淋病に比べて治りにくいため注意が必要です。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

このページのTOPへ

トリコモナス

▼どんな病気?

トリコモナス症はトリコモナスという原虫が感染して引き起こされる性病です。
トリコモナスは治療しなければ、増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなります。
淋病同様女性は自覚症状がない場合が多く、重症になる事もあり、注意が必要です。
膣トリコモナスは、糖・グリコーゲンが多く存在する性的に成熟した女性の膣を好んで寄生します。
通常、女性の膣はデーデル桿菌(膣の中に常在して乳酸を産生する良い菌)の働きにより酸性ですが、ややアルカリ側に傾く妊娠時や月経時に感染しやすいとされています。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
性行為によって粘膜感染します。
感染者との無防備なセックスは感染の可能性があります。
女性では感染した男性あるいは感染した女性から感染しますが、男性は通常、感染した女性からのみ感染します。
男性間の性交渉では通常は感染しないのが、他の性病と違う特徴です。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔その他の感染経路〕
ごくまれに、性交経験のない女性や乳児でも感染が見られることがあります。
●下着 ●タオル ●便器や浴槽

var

▼感染後の症状は?

【女性の場合】
典型的な症状では、外陰部のかゆみ・灼熱間と、特徴的なおりもの増加などがあります。
また、膣炎が極端な場合には性交時痛や性交不快感を訴えたり、血性のおりものが見られる場合もあります。
また、膀胱炎などの尿路感染症を合併し、排尿時痛を感じる場合もあります。
おりものの症状は特徴的で、悪臭を伴う黄色膿性のおりもの、あるいは、白色漿液(しょうえき)性(さらっとしている)のおりもので、泡を伴うのが特徴です。
しかし、症状の認められない場合も多いので、注意が必要です。
【男性の場合】
トリコモナス原虫は、尿道に寄生しますので、排尿時に軽い痛みがありますが、症状に気付かないことが殆どです。
放置すると、尿道炎や前立腺炎、バルトリン腺炎を起こすと、排尿時や入浴時に痛みが出ます。
男性の場合は感染に気づかず、他人に感染させてしまう事が多いので注意が必要です。

var

▼トリコモナス検査するには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-06(女性用) ⇒トリコモナスを含む6種の性病を同時に検査できます。
性病検査キット STD-08(男性用) ⇒8種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-06(男性用) ⇒トリコモナスを含む6種の性病を同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒PCR法
一般的にトリコモナス原虫を検出する時には、「検鏡法」「培養法」などがあります。
「検鏡法」では、顕微鏡で観察するため、見落とされたり白血球と見間違えることがあります。
「培養法」では、死んでしまったトリコモナス原虫を確認することは出来ません。
郵送検査では、「培養法」「検鏡法」共に正確に検査する事は難しいです。
当社では群馬大学との共同研究開発により、遺伝子検査方法(PCR法)を採用しております。
郵送過程でトリコモナスが死滅しても検出できる方法で、より正確な検査結果をご提供致します。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ(女性) ◆検体の採取方法・採取物はコチラ(男性)

var

▼どんな治療?

【女性の場合】
膣錠や軟膏による局所療法のみでは、感染病巣の広がり次第によっては膣以外の隣接臓器に寄生しているトリコモナス原虫を完全に排除できません。この様な場合には、内服薬による全身投与が必要となります。
【男性の場合】
内服薬を1週間〜10日服用します。
治療中はアルコールの分解が阻害されるため、悪酔いやアルコール中毒症状を引き起こすことがありますので飲酒は避けましょう。また、ピンポン感染を防ぐため必ずパートナーと同時に治療しましょう。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

このページのTOPへ

カンジダ

▼どんな病気?

カンジダ症はカンジダという真菌(カビ)が感染して引き起こされる性病です。
カンジダ菌は外陰部の皮膚に常在する菌の一つで、性行為や体調不良などで生殖器の粘膜が傷んだり、免疫力が低下すると、カンジダの増殖につながり炎症が酷くなります。

var

▼感染の原因は?

〔性的感染〕
性行為により粘膜感染します。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔自己感染〕
カンジダ菌は膣・外陰部に常在する菌で、体調不良や免疫力の低下により症状が現れます。これが自己感染です。
多汗やオムツの使用、肥満などは局所の湿潤によりカンジダ症を生じやすくなります。
健康な性成熟期の女性の場合は、性交渉、ステロイド外用剤の乱用が、要因となります。
また、生理や妊娠、ピルの服用、抗生物質の濫用、糖尿病などもカンジダ症となる憎悪因子となります。

var

▼感染後の症状は?

【女性の場合】
膣・外陰カンジダ症の典型的な症状は、外陰部のかゆみとおりものです。
外陰部のかゆみは、特に膣入り口周辺部に強く、激しい熱っぽさを伴うこともあります。
おりものはヨーグルト状の白色または、黄白色です。
【男性の場合】
亀頭包皮炎を起こす傾向があります。
症状としては、潰れやすい小さい膿を持った発疹ができたり、かゆみや皮膚の一部がかぶれたように赤くなります。

var

▼カンジダ検査するには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-04(女性用) ⇒カンジダを含む4種の性病を同時に検査できます。
性病検査キット STD-08(男性用) ⇒8種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-04(男性用) ⇒カンジダを含む4種の性病を同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒培養法
カンジダ検査には「検鏡法」「培養法」などがあります。
「検鏡法」では、その場で顕微鏡を使い直接見るので、ある程度の量がないと見つかりません。
「培養法」はカンジダ検査では一般的な方法で「検鏡法」で見落とされる場合も検出できます。
男性の場合は陰茎を綿棒で擦った物を検体として検査を行っています。
感染の見逃しを防ぐため、当社では尿を検体とする検査は行いません。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ(女性) ◆検体の採取方法・採取物はコチラ(男性)

var

▼どんな治療?

【女性の場合】
局所療法(膣上の挿入、軟膏の塗布)で治療します。
症状は2〜3日でよくなりますが、完全に治すには、約10日間かかります。
何度も繰り返す人や、なかなか治らない人には内服治療をすることもあります。
【男性の場合】
局所療法(軟膏の塗布)で治療します。
症状は2〜3日でよくなりますが、完全に治すには、約10日間かかります。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

このページのTOPへ

梅毒

▼どんな病気?

梅毒はスピロヘータという「らせん形」をした細菌が粘膜から進入して起こる性病です。
ペニシリンの登場によって感染者は減少しましたが、近年、感染者が増加傾向にあります。
数十年かけて大変悲惨な症状に進行しますので、早期発見と早期治療が必要な病気です。
母子感染などの二次感染は、深刻な症状になる事が多いので注意が必要です。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
梅毒は血液・精液・膣分泌液によって感染します。
感染者との無防備なセックスは感染の可能性があります。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔血液感染〕
感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入ると感染の可能性があります。
●感染者からの血液・臓器の提供 ●注射針の共用
〔母子感染〕
感染した母親の妊娠・出産時・授乳によって子供に感染することがあります。
●妊娠後、医療機関では、梅毒検査が義務付けられています。

var

▼感染後の症状は?

第1期は、感染後は約3週間で、性器・肛門・口など感染した部分に、小豆大〜エンドウ豆大の痛みの無い赤いシコリが出来ます。
しかし、4〜6週間で自然に軽快します。女性ではこの症状に気付かない場合がほとんどで、治療しない限り、第2期に突入します。
第2期は全身の皮膚に、赤い斑点がまばらに現れ、丘疹(皮膚から盛り上がったぶつぶつ)や後頭部に脱毛が見られます。かゆみや痛みがなく、放っておくと症状はまた自然に2〜6週間で消えてしまいます。
第2期が終わる頃より数週間から数年間にわたる無症状の潜伏期に入るので、治ったと思ってしまいます。
この時期は血液検査のみが梅毒を発見できる方法となります。
第3期になると、皮膚や内臓にゴム腫(固いシコリやこぶができ、周辺の組織を破壊し、治ると跡が残る)と呼ばれる病変が起こります。
関節炎や手足の感覚の喪失が起こる場合もあり、心臓・血管・脳などに障害が出て、日常生活が営めなくなります。

var

▼梅毒検査するには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-06(女性用) ⇒梅毒を含む6種の性病を同時に検査できます。
性病検査キット STD-08(男性用) ⇒8種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-06(男性用) ⇒梅毒を含む6種の性病を同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒TPHA法(梅毒トレポネーマ赤血球凝集法)
梅毒の血清検査には「TPHA法」「STS法」があります。
「STS法」は、「TPHA法」に比べて早い時期に陽性となるため早期診断に適しています。
しかし、梅毒以外の性病や妊婦、高齢者で陽性となることがあります(生物学的擬陽性)。
そのため、当社で行っている「TPHA法」は梅毒血清診断法として最も有用とされている検査法です。
※感染後、4〜10週後でないと、検査をしても、陰性となることがあります。
※過去に梅毒に感染した事のある人も陽性となることがあります。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼どんな治療?

梅毒は抗生物質に大変弱いため、感染から1〜2ヶ月ぐらいに治療できれば全快します。
しかし、治療が遅れるほど全身に病魔が広がり、治癒しにくくなります。早期発見、治療が大切です。
治療の基本はペニシリンの内服です。
投与期間は、第1期梅毒で2〜4週間、第2期梅毒で4〜8週間、第3期梅毒以降は8〜12週間です。
内服療法と注射療法がありますが、治療効果にほとんど差がないため現在では内服治療が主となっています。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

var

このページのTOPへ

HIV                 HIV(エイズ)に関しての特集「HIV認識度チェック」はこちら

▼どんな病気?

エイズは正式にはAIDS「後天性免疫不全症候群」といい、HIV「ヒト免疫不全ウィルス=通称エイズウィルス」の感染によって引き起こされる病気です。
HIVは治療をしなければ増殖を続け、免疫機能の中心的な役割を担っているリンパ球を次々に破壊します。
その結果、免疫不全に陥り、様々な感染症や悪性腫瘍などを引き起こします。これが、エイズです。
日本では当初、汚染していた血液製剤から感染した血友病患者の中にHIV感染者が多かった為、エイズ=血友病的な誤解がありました。
しかし実際に世界的には90%以上が性病として感染の拡大が起こっています。
HIV感染症は感染から発病までの期間が10年以上と長い為、感染を知らないまま次々と性交渉を持った相手に感染してしまうということが起こってしまいます。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
主として血液・精液・膣分泌液によって感染します。 感染者との無防備なセックスは感染の可能性があります。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔血液感染〕
感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入ると感染の可能性があります。
●感染者からの血液・臓器の提供 ●注射針の共用
〔母子感染〕
感染した母親の妊娠・出産時・授乳によって子供に感染することがあります。
●子供を望む場合は医師に相談しましょう(母子感染率を軽減させる方法があります)

var

▼感染後の症状は?

感染後はほとんどの場合、無症状です。
発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れなど風邪の様な症状が現れる場合もありますが、2週間ほどで消えてしまいます。
免疫力が低下し始め、発熱、下痢、極度の倦怠感、体重減少などが現れエイズの発症となります。
さらに進行すると、カリニ肺炎、口腔カンジダ症など、さまざまな感染症やカポジ肉腫、悪性リンパ腫などの悪性腫瘍が起こり、エイズ発症後2〜3年で死に至ることとなります。

var

▼HIV検査するには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-08(男性用) ⇒8種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット HIV(男女共用) ⇒HIV検査ができます。検査結果は最短翌日に確認可能!

【当社の検査法】⇒PA法(受身凝集法)
エイズ検査は、一般的にHIV抗体スクリーニング検査法(PA法:受身凝集法、EIA法:酵素免疫測定法)で検査を行い、陽性になった場合、IV確認検査法(WB法:ウェスタンブロット法)で確認します。
※抗体スクリーニング検査で陽性の場合、本当にHIV感染による陽性か偽陽性かを確認する必要があります。

※感染後3ヶ月以上経過しないと抗体ができないため、検査をしても陰性となることがあります。

▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼どんな治療?

HIVの増殖を抑える「抗ウィルス薬」などを数種類合わせて使い発症を抑えます。
いまだ根本的に治すことは難しいのが現状ですが、薬で発症を遅らせ、ほぼ通常の生活を送ることができます。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

HIV認識度チェック
詳しくはこちら


このページのTOPへ

B型肝炎検査

▼どんな病気?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
B型肝炎には、急性B型肝炎と、慢性B型肝炎があります。
急性B型肝炎は、成人が初めてB型肝炎ウイルスに感染して発病したものであり、慢性肝炎は、B型肝炎ウイルスに持続感染している人(HBVキャリア)が発病したものです。
慢性B型肝炎を放置すると、病気が進行して、肝硬変、肝がんへ進展する場合があるので、注意が必要です。
つまり、慢性B型肝炎、肝硬変、肝がんは、B型肝炎ウイルスに起因する一連の疾患であるといえます。
B型肝炎ウイルスに感染していることがわかったら、症状がなくてもきちんと検査をして、病気を早く発見することが大切です。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
主として血液・精液・膣分泌液によって感染します。 感染者との無防備なセックスは感染の可能性があります。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔血液感染〕
感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入ると感染の可能性があります。
●感染者からの血液・臓器の提供 ●注射針の共用
〔母子感染〕
感染した母親の妊娠・出産時・授乳によって子供に感染することがあります。
●子供を望む場合は医師に相談しましょう(母子感染率を軽減させる方法があります)

var

▼感染後の症状は?

B型肝炎ウイルスの感染には、急性感染と持続感染があります。
B急性感染の場合、全身の倦怠(けんたい)感に引き続き食欲不振・悪心(おしん)・嘔吐(おうと)などの症状が現われ、これに引き続いて黄疸(おうだん)が出現することがあります。
他覚症状として、肝臓の腫大がみられることもあります。
持続感染(HBVキャリア)の場合、これらの症状が出なくても慢性肝炎が潜んでいて治療が必要な場合があります。定期的な検査が大切です。

var

▼B型肝炎検査をするには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-08(女性用) ⇒B型肝炎を含む8種の性病を同時に検査できます。
性病検査キット STD-08(男性用) ⇒B型肝炎を含む8種の性病を同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒HBs抗原検査
B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液中のHBs抗原(B型肝炎ウイルスを構成するタンパクの一部)を検査します。
検査でHBs抗原が検出された場合、その人の肝臓の中でB型肝炎ウイルスが増殖している事を意味します。
血液の中にHBs抗原が検出された人の中にはB型肝炎ウイルスに初めて感染した人とB型肝炎ウイルスに持続感染している人(HBVキャリア)とがいます。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼どんな治療?

一般に、B型肝炎の治療法には、大きく分けると、抗ウイルス療法と肝庇護療法の2つの方法があります。
急性B型肝炎の場合は、早期の治療により、ほとんどの人で肝炎は完全に治癒します。
しかし、まれに劇症化する場合もあることから注意が必要です。
B型肝炎ウイルスの持続感染者(HBVキャリア)の場合には、ごく初期の軽い慢性肝炎か、ある程度以上進んだ慢性肝炎か、肝硬変あるいは肝がんにまで進展してしまった状態か、などの「病期」によって、また肝細胞の破壊の速度(肝炎の活動度)や、残されている肝臓の機能の程度(残存肝機能)などによって、治療方針は異なります。
抗ウイルス療法により十分な効果が得られなかった場合でも、肝庇護療法により肝細胞の破壊の速度を抑えることによって、慢性肝炎から肝硬変への進展を抑えたり遅らせることが出来ます。
※当検査キットで陽性反応が出た場合、お近くの提携クリニックをご紹介します(再検査無しで治療を開始できます)

このページのTOPへ

C型肝炎検査

▼どんな病気?

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。 C型肝炎ウイルスに感染すると、約70%の人がC型肝炎ウイルスの持続感染者(C型肝炎ウイルスキャリア)となり、放置すると本人が気づかないうちに、慢性肝炎、肝硬変、肝がんへと進展する場合があります。
つまり、C型慢性肝炎、肝硬変、肝がんは、C型肝炎ウイルスの感染に起因する一連の疾患であるといえます。
C型肝炎は症状を実感しづらいので、症状がなくても検査をして早期発見することが大切です。

var

▼感染の原因は?

〔血液感染〕
C型肝炎ウイルスは、主として血液により感染します。 感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入ると感染の可能性があります。
●感染者からの血液・臓器の提供 ●注射針の共用
〔性的接触〕
稀ですが、性行為によって感染する場合があります。 感染者との無防備なセックスは感染の可能性があります。
●コンドームを使わない性交 ●オーラルセックス ●性器具の共用
〔母子感染〕
稀ですが、感染した母親の妊娠・出産時・授乳によって子供に感染することがあります。
●子供を望む場合は医師に相談しましょう(母子感染率を軽減させる方法があります)

var

▼感染後の症状は?

C型肝炎ウイルスに感染すると、全身倦怠(けんたい)感に引き続き食欲不振、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)などの症状が出現することがあります。これらに引き続いて黄疸(おうだん)が出現することもあります。
他覚症状として、肝臓の腫大がみられることがあります。
これが急性肝炎の症状ですが、一般に、C型急性肝炎では、A型あるいはB型急性肝炎に比べて症状が軽いため、ほとんどの人が自覚症状がありません。
また、慢性肝炎の場合にも、多くの人に自覚症状がない場合が多いです。

var

▼C型肝炎検査をするには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット STD-08(女性用) ⇒B型肝炎を含む8種の性病を同時に検査できます。
性病検査キット STD-08(男性用) ⇒B型肝炎を含む8種の性病を同時に検査できます。

【当社の検査法】⇒HCV抗原検査
C型肝炎ウイルス(HCV)に感染しているかどうかは、血液中のHCV抗体の有無を調べます。
HCV抗体陽性の人の中には、「現在ウイルスに感染している人」(C型肝炎ウイルスキャリア)と「過去にC型肝炎ウイルスに感染したが治った人」(感染既往者)とがいます。
このため、現在では、C型肝炎ウイルスキャリアと感染既往者とを適切に区別するために、血液中のHCV抗体の量を測定することと、C型肝炎ウイルスのコア抗原を検出すること、核酸増幅検査(NAT)によりC型肝炎ウイルスの遺伝子(HCV RNA)を検出することの3つの検査法を組み合わせて判断する方法が一般的に採用されています。
極稀に、C型肝炎ウイルスに感染した直後、身体の中にウイルスが存在しても、HCV抗体が検出されない事があります(HCV抗体のウィンドウ期)。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼どんな治療?

C型慢性肝炎の治療法には、、抗ウイルス療法と肝庇護療法の2つの方法があります。
抗ウイルス療法の適否は、全身状態、C型肝炎の病期、活動度の他に、血液中のC型肝炎ウイルスの量や遺伝子型(ジェノタイプ)などによって左右されます。
抗ウイルス療法により十分な効果が得られなかった場合でも、肝庇護療法により肝細胞破壊の速度(肝炎の活動度)を抑え、慢性肝炎から肝硬変への進展を抑えたり、遅らせる事ができます。
肝硬変が、ある程度以上進んだ段階では、肝庇護療法を行いながら、定期的に超音波(エコー)検査などを行い、肝がんの早期発見、早期治療を目指すことになります。

このページのTOPへ

HPV

▼HPV(ヒト・パピローマウイルス)とは?

HPVは性交渉により感染するウイルスです。
このウイルスはとてもありふれた存在で、性交渉の経験のある女性であれば、ほとんどの人が感染したことがあると考えられています。しかし、殆どの場合、その人の免疫力によってウイルスが体内から排除されます。
しかし、ウイルスが排除されずに感染が長期化した場合(持続感染)、長い年月(ウイルス感染から平均で約10 年以上)をかけ、子宮頸がんへと進行する危険性があります。
ヒト・パピローマウイルス(HPV)には100以上ものタイプがありますが、全てのタイプが子宮頸がんの原因となるのではありません。
子宮頸がんは高リスク型HPVと呼ばれている一部のヒト・パピローマウイルス(HPV)によって引き起こされます。
高リスク型HPVは性交渉により人から人へと感染します。
この高リスク型HPVが持続感染した場合、子宮頸がんへと進行する危険性があります。
持続感染する原因はまだ明らかにはなっていませんが、その人の年齢や免疫力などが影響しているのではないかと考えられています。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
子宮頸がんの原因となるヒト・パピローマウイルス(HPV)は性交渉により感染します。
性交渉をした事のある人誰もが、HPVに感染する可能性があります。
このウイルスに感染しても多くの場合は、その人の免疫力によって体内からウイルスが排除されます。

var

▼感染後の症状は?

感染後の症状は特にありません。年に1回の定期検査をする必要があります。
HPVに感染した人の中で、およそ10人に1人がウイルスを排除できず、感染が長期化(持続感染)することがあります。
持続感染した場合、子宮頸部の細胞に異常な変化がおきる場合があり、この細胞の変化を異形成といいます。
異形成になっても多くはHPVが自然に排除され、それに伴って治ります。(異形成はがんではありません)
しかし、一部の人ではHPVを排除できず、異形成の程度が軽度異形成から中等度・高度異形成と長い時間をかけて進行します。
高度異形成を治療せずに放置した場合、子宮頸がんまで進行することがあります。

var

▼HPV検査をするには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット HPV検査(女性用) ⇒子宮頸がんの原因と言われる高リスク型HPVを検査します。
性病検査キット 子宮頸がんセット(女性用) ⇒HPVと細胞診の検査を同時に行えます。

【当社の検査法】⇒中〜高リスク型tHPVの検査
子宮頸がんの原因となる中〜高リスク型のHPVを検出します。
※コンジロームの原因となる低リスク型の検査でありませんのでご注意ください。


子宮頸がん予防の為に定期的な検査を!

子宮頸がんは定期的に検診を受けることで予防することができます。
検査方法は、細胞診HPV検査の併用検査をお奨めします。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼予防法・・・なぜ予防が出来るのか?

一部のがんを除いて、一般的な「がん」は完全な予防はできないと言われています。
それはがんの原因がはっきりとわかっていないためです。
そのため検診による早期発見、早期治療が重要視されています。
子宮頸がんは以下の特徴があるため、他のがんと異なり、検診で予防(がんになる前に発見)することができます。

1.原因がヒト・パピローマウイルス(HPV)というウイルスの持続感染であることがわかっています。
2.原因となる高リスク型HPV感染を判定する検査法があります。
3.HPV感染からがんに進行するまでに、平均10年以上の期間を要し、
  その間細胞に異常を起こした状態(異形成)が存在します。
4.異形成は検査で発見可能で、簡単な治療でほぼ100%完治します。

このページのTOPへ

子宮頸がん            子宮頸がんに関しての特集「子宮頸がんについて知ろう!」はこちら

▼子宮頸がんとは?

子宮にできるがんを子宮がんと呼びます。
子宮がんはがんができる場所によって子宮頸がん子宮体がんに分けられます。
子宮頸がんと子宮体がんは全く異なり、できる場所が異なるだけでなく、原因やなりやすい年代も異なります。
子宮頸がんは子宮の入り口(頸部)にできるがんで、最近では20〜30歳代の若い女性に急増しています。

var

▼感染の原因は?

〔性的接触〕
子宮頸がんは原因となるヒト・パピローマウイルス(HPV)が性交渉により感染します。
性交渉をした事のある人誰もが、HPVに感染する可能性があります。
このウイルスに維持感染することで子宮頸がんを発症します。

var

▼症状は?

初期の子宮頸がんではほとんど自覚症状がありません。
少しがんが進行すると、月経でないときの出血や、性交渉の際に出血がみられることもあります。

var

▼子宮頸がん検査するには?

性病検査キット STD-12(女性用) ⇒12種の性病を一括検査できるお得なセットです。
性病検査キット 子宮頸がん検査(女性用) ⇒細胞診により子宮頸がん検査します。
性病検査キット 子宮頸がんセット(女性用) ⇒HPVと細胞診の検査を同時に行えます。

【当社の検査法】⇒細胞診
子宮頸がん検診で一般的に行われている検査です。
子宮頸部から採取した細胞を、ガラスに塗りつけて染色し、顕微鏡で観察して、異常な細胞がないか調べます。
当社では、自己採取の欠点をカバーする為「加藤式自己擦過法器具」を採用しています。

『加藤式自己擦過法子宮頸がん検査の特徴』
ー分で正確な、細胞採取ができます。
∈亮茲靴榛挧Δ聾把蟇佞埜把蠅気譴襪里如¬2週間位保存できます。
スポンジによる直接採取のため、より多くの細胞が採取できます。
つ樟椹げ疔,里燭瓠医師の直接採取法に最も近い状態で採取することができます。
コ銅治体や医療機関でも採用されている信頼の検査器具です。

子宮頸がん検診の検査法には細胞診とHPV検査があります。どちらも子宮頸部の細胞を採取し、検査します。
細胞診は“細胞の異常”を、HPV検査は“原因となるウイルスの感染”を判定する検査です。
細胞診単独の検診が主流ですが、より確実な検診にする為、HPV検査と細胞診の併用検診をお奨めします。


▼検体の採取方法・採取物

検体の採取方法・採取物はコチラ

var

▼子宮頸がんは防ぐことができる病気です!

子宮頸がんは他のがんと異なり、定期的な検診で防ぐ(がんになる前に発見)ことができます。
がんになる前に発見し、治療を行えば、ほぼ100%完治します。
また子宮を温存することも可能なため、その後の妊娠・出産も可能です。

子宮頸がんの現状
詳しくはこちら
子宮頸がんってどんな病気?
詳しくはこちら
他社とは違う高精度な採取器具
詳しくはこちら

このページのTOPへ