性病検査のセルシーフィット(公式サイト)/カンジダ、クラミジア、梅毒など最大12種類の性病・症状が検査可能
RSS ショッピングカート
   トップ » 乳がんについて知ろう
カテゴリー
女性用セット
12種の性病検査
10種の性病検査
9種の性病検査
8種の性病検査
6種の性病検査
女性用検査をすべて見る
男性用セット
8種の性病検査
6種の性病検査
4種の性病検査
男性用検査をすべて見る
単品検査
HIV検査
子宮がんセット
HPV検査
子宮頸がん検査
のど2種の性病検査
がん検査
乳がん検査
女性のがん検査
オススメがん検査
大腸がん検査
肺がん検査
胃がん検査
インフォメーション
インフォメーション

2017年5月 の営業日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

商品の出荷予定表です。
の場合は、発送休業日の為、
出荷がありません。

乳がんについて知ろう

今こそ学ぼう、乳がんについての基礎知識〜日本人女性の約20人に1人が乳がんにかかり、年間で1万人以上が死亡しています。〜
乳がんについて知ろう乳がんの症状乳がんチェック乳がんの原因


乳がんについて知ろう

■ 乳がんとは
乳がんとは、乳房の中の母乳を作る小葉組織や、母乳を乳首まで運ぶ乳管組織から発生する『悪性腫瘍』の事を指し近年の日本人女性がかかる『がん』の中で最も多いのが『乳がん』となっています。
乳がんは、初期症状で、『食欲が減る』『体調が悪くなる』等の症状は殆どありません。
気付かず放置しておくと、乳腺の外までがん細胞が増殖してしまい、血管やリンパ管を通って全身へ転移します。
毎月セルフチェックを行い、乳房のわずかな変化を見逃さないことが大切です。

■ 急増する乳がん
乳がんによる女性の死亡数
日本では20人に1人が乳がんにかかると言われており、年間で3万5千人を越えています。
乳がんによる死亡人数は年間で1万人を超え、1年間に交通事故で死亡する人数より多い数字となっています。

先進国の中で乳がんによる死亡者数が増加しているのは日本だけです。
乳がんに有効な薬も、次々と開発されているのに、何故、日本では乳がんによる死亡人数が増加しているのでしょう?


理由は、乳がんのセルフチェックや定期検査が、まだまだ一般化していない事です。
最近は『ピンクリボン運動』などで少しずつ定着化しつつありますが、まだまだ多くの女性が、自分が「がん」になるはずがないと危機意識が薄いのが現状です。
しかし、女性なら誰もが『乳がん』になる可能性があるのです。

早期発見ができれば、『乳がんは90%の確立で完治』します。
大切なのは、毎月のセルフチェックによる乳がんの早期発見なのです。

■ 若年性乳がんの増加
乳がんは従来、年配の女性の病気と言われていました。
しかし近年、20代〜30代前半の若い女性が乳がんになる『若年性乳がん』が急増しています。
原因としては、食生活の欧米化や、ストレス社会の影響と言われており、20〜30代の女性でも乳がんにかかりやすくなっているのです。
俳優の瑛太さんと榮倉奈々さんが競演し、話題を呼んだ映画『余命1ケ月の花嫁』も若年性乳がんがテーマでした。

若年性乳がんは、年齢的に出産を控えていることが多く、発見の遅れが、その後の人生に大きな影響を与えてしまう可能性があります。
将来生まれてくる子供の為、そして何よりもあなた自身の健康の為にも
『20歳を過ぎたら毎月のセルフチェックと年1回の定期検査』
を習慣付けて行う事が大切です。

■ 大切なのは早期発見
乳がんは、『早期発見ができれば約90%の人が完治する"がん"』です。
毎月のセルフチェックによる早期発見で生存率を高めることができます。
早期発見による乳がんの生存率
健康的な生活を維持していても、乳がんになるときにはなってしまうものなのです。
だからこそ、毎月のセルフチェックと定期的な検査を行い『初期段階での乳がんの発見』『早期の治療』が大切なのです。

セルフチェックの時に是非使ってもらいたいのが、触診検査補助パッドです。
補助パッドを使用すると、小さな”しこり”も、まるで指先に虫眼鏡を付けたように、はっきり感じることができます。
そのため、小さな”しこり”などの見落としが無くなり、より確実・安心な触診検査を行うことができます。

■ 乳がんの原因と予防方法
残念ながら、現在、明確な乳がんの予防方法はありません。
乳がんになる原因は様々で、初経が早かった人、閉経が遅かった人、出産経験がない人等、月経の期間が長いほどリスクが高いと言われており、初産の高齢化や出産数の減少も乳がんの発生率を高めている原因と考えられています。
また、親や兄弟、親戚などに乳がんの人が多い家系もリスクが高いと言われています。

近年では、食生活の欧米化やストレスの多い生活が、『若年性乳がん』を誘引しているのではないかと考えられています。

このように、『誰もがかかってしまう可能性があるのが乳がん』です。
しかし、『唯一自分で発見することのできる ”がん”』でもあります。

明確な予防方法はありませんが、定期的なセルフチェックを行う事により『早期発見』をする事ができます。
乳がんは、早期発見をする事で、完治する確立は90%になります。
大切なのは、毎月1回のセルフチェック。

定期的なセルフチェックを行う事により、乳房の小さな変化を感じ取る事ができます。
セルフチェックと定期検査を習慣化し、乳がんの早期発見と健康管理に勤めましょう。
乳がんを自宅でカンタンに検査出来るサポートパッド「リヴエイド(livaid)」をご存知ですか?
乳がん自己検査パッドリヴエイド(livaid)■乳がん触診検査補助パッド リヴエイド(livaid) ¥7.140 (税込)
リヴエイドは自宅で手軽に、繰り返し使える、乳がん触診検査サポートツールです。
リヴエイドを使うと、小さなしこりもはっきりと指先に感じることができ、自己触診の精度が上がり、大きな安心感に繋がります。
面倒な準備などは一切不要で、リブエイドを胸に当てるだけですぐに触診を始められます。
20歳を過ぎたら毎月のセルフチェックを行う必要があります。
繰り返し使えるリブエイドは一生貴方の心強いサポートツールになるでしょう!
その使いやすさと性能が評価され、すでにアメリカでは100万人の女性達が、リヴエイドを使って自己検査を続けています。
上段へ戻る

 

乳がんの症状

乳がんの症状
早期症状に乏しく症状が無いのが、がん特徴です。
そのため、がんにかかっていたとしても気付きにくいのです。 乳がんの場合は、触れることや、形の変化等で、異常を発見出来ます。

乳がんは1cm位の大きさになると、自分で触ってシコリがあることが確認出来るようにないます。
シコリは、がんではない場合の方が多いのですが、念のため病院で検査を受けた方が良いでしょう。
痛みの無いシコリは、乳がんの特徴の一つと言われています。
毎月のセルフチェックで小さなしこりや変化を敏感に感じ取ることが、乳がんの早期発見に繋がります。

■ 乳房にしこりがある
乳がんは5mmから1cm位の大きさになると、注意深く触ると誰でも分かるようなしこりになります。
しこりがあるからといって乳がんであるという訳ではありませんので、病院へ行き詳しい検査を受けましょう。

■ 乳頭からの分泌物
乳がんにかかると乳頭から血液の混じった茶褐色のもの、透き通ったものなどの分泌物が出てくることがあります。
分泌物が通る「乳管」を調べて「乳管内乳頭腫」と「乳がん」の両方で検査を受けましょう。

■ 乳房の変化
乳がんが乳房の皮膚の近くにできると、皮膚が引っ張られてくぼみが出来たり、赤く腫れたり、ただれたりします。
乳房が赤くザラザラしたり、痛みがある場合は、「炎症性乳がん」の可能性が高いです。
  病院に行き医師の診断を受けることをオススメします。

■ 乳房近くの腫れ
乳房近くの腋窩リンパ節、内胸リンパ節、鎖骨上リンパ節、鎖骨下リンパ節に乳がんが転移すると領域リンパ節が大きくなり、リンパ液の流れが悪くなり、腕のむくみや、腕のしびれがあらわれる事があります。

上記の点に当てはまるからといって、必ずしも乳がんとは限りません。
また、当てはまらないからといって、乳がんではないとも言い切れません。
良性か悪性かの判断は自分では出来ませんので、必ず病院での検査を受けましょう。

毎月1回のセルフチェックを習慣づけて行うことで、乳房の小さな変化に気づくことができ、乳がんの早期発見に繋がります。
上段へ戻る

 

乳がん危険度チェック

乳がん危険度チェック

■ 0〜2個 乳がん危険度10%
チェックした数が0〜2個のあなたの「乳がん危険度」は、かなり低いです。
日々の生活でストレスを上手に発散し、健康的な生活を心掛けましょう。
しかし、乳がんは誰もがかかる可能性がある疾患です。
『月に1度のセルフチェック』と、『年1回の病院での定期検査』を習慣づけて行い、自身の健康管理をしっかりとしましょう。

■ 3〜4個 乳がん危険度30%
チェックした数が3〜4個のあなたの「乳がん危険度」は、それほど高くありません。
体に負担の掛かる生活習慣は、見直しまょう。
しかし、乳がんは誰もがかかる可能性がある疾患です。
『月に1度のセルフチェック』と、『年1回の病院での定期検査』を習慣づけて行い、自身の健康管理をしっかりとしましょう。

■ 5〜6個 乳がん危険度50%
チェックした数が5〜6個のあなたの「乳がん危険度」は、少し高いようです。
生活習慣を見直すことで、そのリスクを抑えることが出来ます。
『月に1度のセルフチェック』『年1回の病院での定期検査』を習慣づけて行い、自身の健康管理をしっかりとしましょう。
そして、少しでも異常を感じるようなら、医療機関で診てもらいましょう。

■ 7〜8個 乳がん危険度70%
チェックした数が7〜8個のあなたの「乳がん危険度」は、高いと言えます。
乳がんは、発見が早ければ早いほど治りやすいがんです。
『月に1度のセルフチェック』『年1回の病院での定期検査』を習慣づけて行い、小さな変化を見逃さないようにしましょう。少しでも異常を感じるようなら、医療機関で検査を受けましょう。

■ 9〜15個 乳がん危険度90%
チェックした数が7〜8個のあなたの「乳がん危険度」は、とても高いです。
自覚症状が表れている可能性があるので、医療機関へ相談されることをオススメします。
乳がんは、がんが乳管内に留まっている状態で治療を行えば、10年後の生存率は100%に近いと言われています。
『月に1度のセルフチェック』『年1回の病院での定期検査』を習慣づけて行い、小さな変化を見逃さないようにしましょう。少しでも異常を感じるようなら、医療機関で検査を受けましょう。
上段へ戻る

 

乳がんの検査方法

乳がんにはいくつかの検査方法があります。
毎月のセルフチェックに併せて病院での検査を行うことで、より高い効果が生まれます。
定期健診で用いられる代表的な検査方法と、年齢に合った効果的な組み合わせをご紹介します。

■ 視触診検査(セルフチェック)
乳がん検査で最も手軽に行なえ、効果の高い検査が、自身で行う『視触診検査(セルフチェック)』です。
乳がんは乳房の表面に近くに発生するので、『触れたり』『見たり』することで自分で異常を見つける事ができます。
習慣化し定期的に行うことが、より早く、正確に異常を発見できることに繋がります。
生理が終わった3〜4日後、乳房の張りがなくなった柔らかい状態の時に自分でチェックをしてみましょう。
⇒詳しい視触診検査(セルフチェック)の方法はコチラをご覧下さい。

セルフチェックは自己での触診検査なので、医師の検査と比べ、小さな”しこり”など、見落としやすくなります。
そこで、セルフチェックの時に是非使ってもらいたいのが、触診検査補助パッドです。
補助パッドを使用すると、小さな”しこり”も、まるで指先に虫眼鏡を付けたように、はっきり感じることができます。
そのため、小さな”しこり”などの見落としが無くなり、より確実・安心な触診検査を行うことができます。
本商品は、使用前の面倒な準備は一切不要で、胸に当てるだけで誰にでも簡単にお使いいただけます。
また、繰り返し使えるので、毎月のセルフチェックをサポートしてくれます。

■ マンモグラフィ検査
近年、乳がん検査として定着しているのが、レントゲンを使ったマンモグラフィ検査です。
乳がんをはじめ、乳房にできる病気のほとんどを見つける事ができます。
特に、しこりとして見つける事ができない早期乳がんの石灰化を鮮明に写し出せるのが利点です。
しかし、20代女性などの乳腺が発達している乳房の場合、乳腺が白く移ってしまい、正確に石灰化が写らない場合があります。また、撮影時に乳房を圧迫するので乳腺が発達している若い女性は大きな痛みを伴います。

■ エコー検査
特殊な超音波を使い乳房の内部の異常を検査するのがエコー検査です。
器具を直接乳房にのせて動かし、写し出された画像を直接見ながらチェックします。
レントゲンと違いX線による被爆がなく、乳房を圧迫する事もないので、乳腺の発達している若い人や、妊娠中の人、また頻繁に検査する必要がある人に適しています。

■ 年代別の検査方法
年代ごとに効果の高いオススメの乳がん検診をご紹介します。
年代別の検査方法

毎月の『セルフチェック』を基本に、年代に応じた病院での定期検診を!
20歳を過ぎたら、月1回のセッルフチェックを習慣づけて行うようにしましょう。
セルフチェックを習慣化することによって、乳がんの早期発見が可能になります。

より大きな安心を得るために、年に1回、病院での検診を併せて実施してください。
特に血縁に乳がんの人がいるなど、リスクが高い人は、毎年、病院での検診を受てください。
20〜30代の女性は乳腺が発達し、マンモグラフィでは症状が映り難のでエコーの検診を優先してください。
特に、20代女性は乳腺の発達によりマンモグラフィ検診では大きな痛みを伴う場合がありますので、医師と相談し行ってください。
セルフチェックで、少しでも異常を発見したら、すぐに病院で検査を受けましょう。

毎年病院での検診を受けているからセルフチェックは必要ない?
毎年、病院で検診を受けることは必要ですが、だからと言って「セルフチェックをしなくてもいい」と言うことはありません。
乳がんは成長速度の遅いガンといわれていますが、それは”しこり”が触診でわかるようになるまでの期間です。
触診で感じることのできる大きさまで成長すると、そこからの成長速度は爆発的に速くなります。
なので、毎月のセルフチェックで”しこり”を、いち早く発見する事が大切なのです。

■ セルフチェックを習慣化しましょう
乳がんは女性なら誰でもかかる可能性のある病気ですが、自分のこころがけ次第で早期発見をし、リスクを抑えることが可能な病気でもあります。
大切な事は、”始める”事です。視触診によるセルフチェックだったら今日からでも始める事ができます。

大切な人、そして自分自身の健康と将来の為に…
20歳を過ぎたら『月1回のセルフチェック』『病院での定期検査』を習慣化しましょう。
1人でも多くの女性が、乳がんのセルフチェックと定期検査を行い、乳がんによる悲劇が少なくなる事を願っています。
乳がんを自宅でカンタンに検査出来るサポートパッド「リヴエイド(livaid)」をご存知ですか?
乳がん自己検査パッドリヴエイド(livaid)■乳がん触診検査補助パッド リヴエイド(livaid) ¥7.140 (税込)
リヴエイドは自宅で手軽に、繰り返し使える、乳がん触診検査サポートツールです。
リヴエイドを使うと、小さなしこりもはっきりと指先に感じることができ、自己触診の精度が上がり、大きな安心感に繋がります。
面倒な準備などは一切不要で、リブエイドを胸に当てるだけですぐに触診を始められます。
20歳を過ぎたら毎月のセルフチェックを行う必要があります。
繰り返し使えるリブエイドは一生貴方の心強いサポートツールになるでしょう!
その使いやすさと性能が評価され、すでにアメリカでは100万人の女性達が、リヴエイドを使って自己検査を続けています。
上段へ戻る