性病検査のセルシーフィット(公式サイト)/カンジダ、クラミジア、梅毒など最大12種類の性病・症状が検査可能
RSS ショッピングカート
   トップ » 精度の高い性病検査で安心
カテゴリー
女性用セット
12種の性病検査
10種の性病検査
9種の性病検査
8種の性病検査
6種の性病検査
女性用検査をすべて見る
男性用セット
8種の性病検査
6種の性病検査
4種の性病検査
男性用検査をすべて見る
単品検査
HIV検査
子宮がんセット
HPV検査
子宮頸がん検査
のど2種の性病検査
がん検査
乳がん検査
女性のがん検査
オススメがん検査
大腸がん検査
肺がん検査
胃がん検査
インフォメーション
インフォメーション

2017年4月 の営業日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

商品の出荷予定表です。
の場合は、発送休業日の為、
出荷がありません。

精度の高い検査で安心

最先端の検査技術

最先端の検査技術
各性病それぞれに対して、ハイブリッドキャプチャー法、SDA法、PCR法、培養法、TPHA法、PA法等から、最適な検査方法を採用しているため、精度の高い検査を提供することが出来ます。

提携検査センター … GME医学検査研究所・群馬県登録衛生検査所 登録番号第47号

また、検査を受けて下さった方が、気軽に医療機関にて診断・治療出来るように、各地の医療機関にご協力頂いております。




病院の検査と変わらない信頼性

カルポータ(綿棒)で行う自己採取検査は、医師が直接採取したものと比べると不安になるかもしれませんが、遺伝子検査ですので自己採取でも充分な信頼性が得られます。

血液検査の精度も医療機関と同じものと思って下さい。 病気に関するお問い合わせには、専門の医師や看護婦がお答えします。

病院弊社検査キット
検査までの手順病院に行く。場合によっては予約が必要検査キットが送られてくる
検体の採取医師が検体を採取する自分で検体を採取する(※)
検体の郵送病院が検体を検査所に郵送する付属の封筒に検体を入れポストに投函
検体結果の通知結果が出るまでに約7日ほどかかる。
(検査結果を聞きにもう一度病院に足を運ぶ)
最短翌日でPCまたは携帯にて手軽に確認出来る
※自己採取用のキットは、複雑な構造ではありません。 専用のカルポータ(綿棒)を使い、膣や子宮頸部の粘液を採取するだけです。 採血器具は、キャップを外してレバーを押すだけの簡単なものです。




郵送検査の信頼性

郵送検査の信頼性
■登録衛星検査所による検査実施
当社の郵送検査は、国の認可を受けた「登録衛星検査所」で実施しております。 この「登録衛星検査所」とは、臨床検査に関する法律で定められた施設基準や検査体制を満たし、病院や保健所などの検査も同様に行っています。 皆様に安心出来る検査結果をお伝え出来るよう、様々な精度管理が行われています。

■病院と変わらない信頼性
血液検査については、PA法を採用。 検査に充分な量を採取して頂ければ、検査の精度は医療機関と同様と思って下さい。 綿棒で行う検査については、自己採取なので医師が直接採取したものと比べ不安になることもあると思いますが、最も精度の高いPCR法を採取した遺伝子の検査ですので自己採取でも充分な信頼性があります。

■最先端の検査技術
同じ項目でも検査方法が数種類あり、医療機関や医師によっても検査方法の選択が異なります。 当社の郵送検査では、感染の可能性の有無より臨床に近いものとして判定することが出来る検査方法を採用しています。 具体的な検査方法として、PA法、ハイブリッドキャプチャー法や、SDA法、群馬大学との共同研究により開発したトリコモナスのPCR法等の病院や保健所と同じ精度の検査法を採用しています。

■信頼性を高める様々なサービス
郵送検査では実際に医師が直接診ることが出来ない、問診が受けられない等、カバーすることが難しいところも御座います。 しかし、当社では郵送に適した検査法を研究・開発し、より臨床に近い検査結果を出し、手軽に安価で検査を受けて頂ける環境をご提供しております。 また、実際に医師や看護婦が質問にもお答えするサービスも行い、検査の信頼性を高めています。




他とは違う精度の高い検査で安心をご提供

業界初、トリコモナスの遺伝子検査「PCR法」豚インフルエンザ検査としても採用

郵送検査特有の問題。 それは、郵送自体にありました。 検体採取から検査までの時間が、病院などと比べると、どうしても長くなってしまいます。 この問題点を解決するために、豚インフルエンザの検査としても採用されているトリコモナスの遺伝子検査「PCR法」を弊社と群馬大学が共同研究開発しました。

ほとんどのトリコモナスは郵送の段階で死滅してしまうため、一般的な「培養」という検査方法では、間違った判定をすることが多くありました。

培養法は、生きたトリコモナスの動く様子を顕微鏡で見て判定します。 トイコモナスの遺伝子検査「PCR法」では、トリコモナスの生死にかかわらず「存在したかどうか」を検査できるので、郵送過程で死滅していても問題なく判定出来ます。



各性感染症ごとに適した最適な検査方法を採用

クラミジア・淋病(女性)・HPVの検査には「ハイブリッドキャプチャー法」、淋病(男性)・トリコモナスの検査には「PCR法」、カンジタの検査には「培養法」、梅毒の検査には「TPHA法(梅毒トレポネーマ赤血球凝集法)」、HIVの検査には「PA法(受身凝集法)」、B型肝炎・C型肝炎の検査には「血液検査」、子宮頸がんの検査には「細胞診検査」、クラミジア(のど)・淋病(のど)の検査には「SDA法」等、各性感染症ごとに適した最適な検査方法を採用しています。



初めてでも簡単確実、医師の直接採取と変わらない子宮頸がん検診用「加藤式自己擦過法器具」

初めてでも簡単確実、医師の直接採取と変わらない子宮頸がん検診用「加藤式自己擦過法器具」比較画像
郵送検査で心配なのが自己採取による不安。 「正しく使えているか?」「正しい検査結果がでるのか?」特に初めての方は、とても心配ですよね。 でも、当社が採用している「加藤式」器具なら安心です。 初心者でも簡単、確実に自己採取出来るように、見付け出したスグレものです。

他社が使用している子宮頸がん検診用の自己採取器具と、加藤式自己擦過法器具の違いは、器具を見てみるとすぐに分かります。 採取する部分の太さや素材、弾力が全く違います。 これにより、一般的な子宮頸がん検診用自己採取器具に比べ多くの細胞が採取出来、子宮頸がん検査の信頼性が大幅にアップします。

子宮頸がん検査・検診用「加藤式自己擦過法器具」は開発されて以来25余年を経ています。 国内の検査機関、病院、診療所、検査センター、各企業の健保組合はもとより、国外でも、東南アジア地区で利用され、数々の子宮頸がんの早期発見に役に立っています。

>>詳しくはコチラ