HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の新規感染者数が2001年と比べて3分の1減少して特に子どもの新規感染者は半減したと国連(UN)が23日に発表。

2012年にHIVに新たに感染した人の数は全世界で230万人で2001年と比べて約33%減少。新たにHIVに感染した子どもの数は26万人で2009年と比べると3分の1以上少なく2001年からは52%減少。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の年次報告書によると、抗レトロウイルス薬により2009〜2012年に67万人の子どもの新規感染が防止された。特に世界の子どものHIV感染者330万人のうち90%が集中するサハラ以南のアフリカでの成果が目覚ましかったという。

2012年にエイズに関連して死亡した人は160万人。2005年の230万人、2011年の180万人から減少している。

(2013年 9月23日 AFPBB Newsより抜粋)