中国国家衛生・計画生育委員会の李斌主任は中国国内の伝染病予防・治療対策とその実施状況に関する報告を行った。
報告によれば安全でない性行為によって梅毒の発症数が年々増えており、エイズウイルス(HIV)の感染経路では性行為が87.1%に上った。

(2013年 9月2日 XINHUA.JPより抜粋)