今年4〜6月の3か月間に新たに確認されたエイズ発症者は146人で四半期としては過去最多。厚生労働省のエイズ動向委員会が発表。
未発症のエイズウイルス(HIV)感染者を合わせた患者数も計440人で過去最多だった。
発症者を年齢別にみると50歳以上が58人と4割近くを占め中高年で発症が増える様子。

HIV感染からエイズ発症までの潜伏期間は5〜10年とされる。2000年〜2010年にHIVの感染者は増えたが、このうち検査を受けず治療しなかった人が今年になりエイズを発症したとみられる。

厚労省は早期の発見や治療のため、保健所などでの検査・相談の利用を呼びかけている。

(2013年 9月1日 読売新聞より抜粋)